ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

党声明・談話

鳩山総理の辞任にあたって 総裁談話(6/2)

2010年6月2日

鳩山総理が辞意を表明した。その理由として、普天間問題、政治とカネを挙げたが、これはわれわれが一貫して総理に決意を質し、説明責任を果たすよう求めてきたテーマである。何の説明責任も果たさず、国民の信を失った鳩山総理が辞任に追い込まれたのは当然である。

しかし、普天間問題、口蹄疫問題、政治とカネの問題など、全ての問題は依然として解決されないまま残っている。特に、政治とカネの問題では、まったく自浄作用が発揮されず、説明責任を誰1人果たそうとしないまま会期切れを迎えようとしている。

われわれは、新内閣に対しても、本会議はもとより、予算委員会の開催を求め、国会でしっかりと質疑を行い、これら未解決の問題について徹底的に質していく。

新総理が選ばれ、新内閣が発足すれば、当然に解散総選挙をしなければならない。参議院選挙だけのために辞める、看板だけ掛け替えるというのは到底許されない。いま問われているのは、民主党政権そのものの政治運営、政策、体質である。国民の期待を裏切った民主党は解散総選挙により改めて国民に信を問わなければならない。

鳩山政権は、数々のマニフェスト違反、政治とカネの傲慢、普天間問題での不誠実、与党民主党の横暴な国会運営等で行き詰った。われわれはしっかりと政策を掲げ、国民に正面から訴え、堂々と来るべき戦いに臨む決意である。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ