ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

党内活動

総裁選 安倍晋三氏が3選果たす

2018年9月20日

総裁選 安倍晋三氏が3選果たす

総裁選の開票が9月20日行われ、安倍晋三氏が3選を果たしました。
同7日に告示された総裁選は、安倍氏と石破茂氏の両衆院議員が立候補。約104万人の有権者による党員投票と党所属国会議員405人による議員投票で行われました。今回から党員投票の総党員算定票と国会議員票が同数となり、以前よりも党員・党友の意思が反映されやすくなったほか、18・19歳の党員による投票も可能となりました。
議員投票は午後1時から党本部ホールで行われ、党員投票とあわせた開票結果は、安倍氏が553票、石破氏が254票を獲得。当選した安倍氏は、大きな拍手と歓声が沸き起こる中、ゆっくりと立ち上がり、四方に一礼しました。
総裁選終了後、直ちに「党大会に代わる両院議員総会」が開かれ、野田毅総裁選管理委員長が開票結果を報告。当選した安倍氏を正式に総裁として選出しました。
3選を果たした安倍総裁は万雷の拍手に包まれながら登壇。冒頭、総裁選をともに戦った石破氏の健闘をたたえました。
あいさつの中で安倍総裁は「再び総裁の重責を担うことになった。全身全霊を傾けて任務を全うしていく決意だ」と表明。喫緊の課題である災害復興をはじめ、内外の諸課題に全力を挙げて取り組むとした上で、「私たちはしっかりと前を向いて、日本の新しい姿、国づくりに挑戦していきたい。子供たちの世代に誇りある日本を手渡すために全力を尽くしていく」と力強く訴えました。
最後に橋本聖子参院議員会長の発声で「日本国、自由民主党万歳」と出席者全員で三唱。安倍総裁を中心に一致結束して日本の未来を切り拓いていくことを誓いました。

開票結果は以下の通りです。

▽安倍晋三候補
議員票:329票
党員算定票:224票
合計:553票

▽石破茂候補
議員票:73票
党員算定票:181票
合計:254票

総裁選 安倍晋三氏が3選果たす
【関連資料】
党員投票開票結果
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ