ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

党内活動

米作りプロジェクト 田植えを通して現場を理解

2018年6月16日

米作りプロジェクト 田植えを通して現場を理解

昨年からスタートした、食に対する感謝の気持ちを表し、農業の大切さを発信するための企画「自民党・米作りプロジェクト」が6月16日、埼玉県久喜市の水田で実施されました。

本プロジェクトは、米が日本人の主食であり食生活に欠かすことができない農作物であることや、稲作が文化や自然環境の保全、景観などさまざまな面で礎になっていることから、わが党所属国会議員が自ら田植えや収穫を行うことで農業に対する理解を深めるために行われています。

この日は、地元のJA南彩をはじめ埼玉県農業協同組合中央会、全国農業協同組合中央会などJAグループの全面協力を得て、田植えを実施。塩谷立農林・食料戦略調査会長や林幹雄幹事長代理など30人の国会議員、JAグループや地元の関係者など総勢約150人が参加しました。

参加者は、田植え作業を行った後、地元産の米を使ったおにぎりを食べて食に対する感謝を深めました。


【関連リンク】
自民党米作りプロジェクト
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ