ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

党内活動

日本を守り抜き、子どもたちの未来を責任を持って切り拓く 安倍総裁発言(全文)

平成29年9月28日
衆議院解散後の両院議員総会に於いて


日本を守り抜き、子どもたちの未来を責任を持って切り拓く 安倍総裁発言(全文)

皆さん、いよいよ本日から厳しい戦いが始まります。
この選挙戦は、いかに日本を守り抜くのか、国民のいのちと平和な暮らしを守り抜くのか、それを問う選挙であります。北朝鮮のこの脅威に対し、しっかりと国際社会と連携していかなければなりません。この選挙戦を通して、国民の皆様に理解とお力をいただき、強力な外交を展開し、核問題、ミサイル問題、そして拉致問題を解決していかなければなりません。
この選挙はいかにして日本の未来を子どもたちの未来を切り開いていくか、それを問う選挙であります。わが党は立党以来、責任政党として政策を訴え、結果を出して参りました。この選挙戦においても堂々と、私たちは具体的な政策を訴えていこうではありませんか。全国で、街頭で、公民館で、そしてあぜ道で、誠意をもってまじめに愚直に政策を訴え続け、戦い抜いていこうではありませんか。
皆さん、1990年代に新党ブームが起こって、そして2009年、民主党ブームが起こった。それがもたらしたものはなにか。それは混乱と、経済の低迷でありました。私たちは2012年、政権を奪還し、この経済の低迷に終止符を打ったんです。そして昨年とうとう、名目GDPが1997年以来、過去最高を記録することが出来た。国民生活をもっともっと良くしていく責任が私たちにはあります。選挙のためだけに看板をかえる政党に、日本の安全を子どもたちの未来を任せるわけにはいきません。
日本を守り抜き、子どもたちの未来を、責任を持って切り拓いていくことが出来るのは、私たち自由民主党そして自公連立政権であります。皆さん、眦を決して、日本の未来のために、子どもたちのために、戦い抜いていこうではありませんか。


日本を守り抜き、子どもたちの未来を責任を持って切り拓く 安倍総裁発言(全文)


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ