ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

党内活動

新役員決定 結果を残すことで国民の信頼を勝ち得る

平成29年8月3日

新役員決定 結果を残すことで国民の信頼を勝ち得る

組閣に先立ち、8月3日、臨時総務会で新役員が決定。
高村正彦副総裁、二階俊博幹事長が留任、竹下亘総務会長、岸田文雄政務調査会長、塩谷立選挙対策委員長、平井卓也広報本部長、森山裕国会対策委員長、萩生田光一幹事長代行がそれぞれ就任、山口泰明組織運動本部長は留任しました。
安倍晋三総裁は、「現在、安倍内閣、自民党に国民の厳しい目が注がれている」と述べた上で、「新たな気持ちで結果を残していくことで、国民の信頼を勝ち得る」と、政権与党としての責任を果たす意向を表明しました。
その後、党5役による記者会見が行われ、二階俊博幹事長は「新執行部の任務は、『反転攻勢』の実を上げる事」と、全力を尽くして戦う姿勢を鮮明にしました。
新執行部として同日午後発足する第3次安倍第3次改造内閣を総力で支える体制が整いました。

●決定した新役員(8月3日)

副総裁
高村 正彦
幹事長
二階 俊博
総務会長
竹下  亘
政務調査会長
岸田 文雄
選挙対策委員長
塩谷  立
組織運動本部長
山口 泰明
広報本部長
平井 卓也
国会対策委員長
森山  裕
幹事長代行
萩生田光一
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ