ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

党内活動

「責任政党として結果を出していく」
両院議員総会で安倍総裁

平成28年9月26日

「責任政党として結果を出していく」両院議員総会で安倍総裁

第192臨時国会が開会しました。会期は11月30日までの66日間です。開会に先立ち、わが党は国会内で両院議員総会を開催し、執行部が開会にあたっての抱負を述べました。
安倍晋三総裁は「国際情勢は大きく変化している。この変化にしっかり対応して、責任政党として結果を出していかなければならない」と強調。環太平洋経済連携協定(TPP)の承認案・関連法案や第二次補正予算案、増税を再延期するための税制改正関連法案など重要法案が山積しているとして「やるべきことはやりながら国民の負託に応えていきたい」と語りました。
また、二階俊博幹事長は「新体制になって初めての国会。政府・与党一体となって、TPPなどの重要案件の一日も早い成立に向けて全力を尽くさなければならない」と表明。橋本聖子参院議員会長は「27年ぶりに参院で単独過半数を得ることができた。数におごることなく謙虚で丁寧に(国会運営を)進めていきたい」と述べました。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ