ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

党内活動

「気をつけよう。甘い言葉と民進党」
安倍総裁が民進党の保育士支援策を批判

平成28年7月6日

「気をつけよう。甘い言葉と民進党」安倍総裁が民進党の保育士支援策を批判

安倍晋三総裁は7月6日、わが党の参院選公認候補者を応援するため、青森県内4カ所で街頭演説を行いました。
弘前市でマイクを握った安倍総裁は「日本はしばらく人口が減少していくが、経済は成長していくことができる。その秘訣はみんなが力を発揮することができる社会をつくることだ」と述べ、一億総活躍社会の実現が不可欠との見解を示しました。
そのうえで安倍総裁は「子育て支援や介護などの社会保障の充実に全力を尽くす」と主張。わが党が政権を奪還して以降、保育の受け皿を民主党政権時代の2.5倍のスピードで充実を図ってきたことや、保育士の処遇を7%改善したと紹介し、今後さらに処遇の改善に取り組むと訴えました。
また、安倍総裁は民主党政権時に保育士の処遇が改善されるどころか、1.2%引き下げられていたと指摘。「われわれが4万円上乗せすると言ったら、今度は5万円上乗せすると言っている。こんな甘い言葉に騙されてはいけない。気をつけよう。甘い言葉と民進党だ」と激しく批判しました。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ