ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

党内活動

「努力が報われる農業に向かって」
小泉進次郎農林部会長 青森県で訴える

平成28年6月27日

「努力が報われる農業に向かって」小泉進次郎農林部会長 青森県で訴える

小泉進次郎農林部会長は27日、青森県に入り、青森選挙区に立候補している山崎力候補とともに、青森市と田舎館村でわが党への支持を訴えました。
小泉部会長は環太平洋経済連携協定(TPP)を受けてしっかり農業対策を打つと述べたうえで、農業改革について指摘。「若い人たちが農業に入ってこない、農業に魅力を感じてもらえない(というかつての)状況を変えて、大きく広がる水田が次の世代にちゃんと行き渡っていけるような、やりがいがある、稼げる、食べていける、努力が報われる農業に向かって頑張っていきたい」と述べ、後継者対策と魅力ある農業づくりへの取り組みを強調しました。
また、小泉部会長は、この選挙で一人区に統一候補を立て、共闘の形で臨んでいる民進党と共産党について、政策が一致していない問題を指摘。「野党が選挙に勝ったら、志位共産党委員長は民進党とひとつの政府をつくると言うが、岡田民進党代表はそんなことは考えられないと言う」「英国が欧州連合(EU)から離脱するという、世界の歴史さえも変わろうという不安定な時代に突入した中で、選挙までは一緒にやるが、選挙後については答えられない、描けないという、そんなところ(政党)に任せて日本が良くなるか」として、安倍政権への力強い支持を訴えました。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ