ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

党内活動

「中小企業対策に全力を尽くす」
安倍総裁が神戸で街頭演説

平成28年6月27日

「中小企業対策に全力を尽くす」安倍総裁が神戸で街頭演説

安倍晋三総裁は6月27日、わが党公認の参院選候補を応援するため、神戸市内で街頭演説を行いました。安倍総裁はアベノミクスによって着実にわが国の経済状況が好転したと力説。このうち中小企業対策については「個人保証なし」で融資を可能にし、固定資産税の軽減措置などを行った結果、「旧民主党政権時代よりも倒産件数が3割も減った」と実績を強調し、英国のEU離脱決定による影響が出ないようにあらゆる政策を総動員していくと訴えました。
さらに再生医療など医療産業都市として発展しつつあると指摘したうえで「神戸にはすぐれた中小企業があり、産業基盤がある。地域の特性を生かし、世界に輝く神戸にしたい」と述べ、地方創生の推進に全力で取り組む決意をあらためて表明しました。
また安倍総裁は聴衆の中に北朝鮮による拉致被害者の有本恵子さんの父、明弘さんがいることを紹介し「拉致問題は必ず解決をしていかなければいけない」と力を込めました。

「中小企業対策に全力を尽くす」安倍総裁が神戸で街頭演説
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ