ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

党内活動

「新しい福島をつくっていく」 「無責任な野党に負けるわけにはいかない」 安倍総裁 被災地・福島県で訴える(22日)

平成28年6月22日

「新しい福島をつくっていく」 「無責任な野党に負けるわけにはいかない」 安倍総裁 被災地・福島県で訴える(22日)

安倍晋三総裁は公示日の22日午後、福島県に入り、同県選挙区から立候補した岩城光英候補とともに、郡山、須賀川両市でわが党への支持を訴えました。
郡山駅前で大勢の有権者を前にした安倍総裁は冒頭、東日本大震災の発災以来、わが党が被災地の復興に全力を挙げてきたこと、その結果、住宅の高台移転や幹線道路の復旧・整備などが進んだことを指摘。「復興は確かに進んでいる。震災前の福島に復興するだけでなく、新しい福島をつくっていくことが私たちの目標だ」と述べて、復興加速化の決意を示しました。
続いて、安倍総裁は「この参院選の争点は経済政策だ」として、雇用や賃金水準が大きく改善した点など、アベノミクスの実績を具体的に示したうえで、「野党はまとまった政策がなく、アベノミクスの批判ばかりするが、アベノミクスは決して失敗していない」と強調。「しかし、道半ばだ」として、アベノミクスをさらに力強く推進していく方針を明言しました。
  また、安倍総裁は、「民進党と共産党は、理念も政策も違うのに、候補者を一本化した。こんな無責任な人たちに負けるわけにいかない」として、一人区での野党共闘について、その矛盾と問題点を指摘。自衛隊や日米安保条約に対する考え方が両党間で決定的に違うことに言及して、「子どもたちの未来を、皆さんの安全を、いい加減な共産党と民進党の連合に託すのか。それとも、日本人の命をしっかり守ってきた自民党と公明党に託すのか。それを決める選挙だ」と述べて、わが党への支持を訴えました。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ