ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

党内活動

「政治に求められているのは雇用を生み出すこと」
安倍総裁が千葉と東京で街頭演説

平成28年6月19日

「政治に求められているのは雇用を生み出すこと」安倍総裁が千葉と東京で街頭演説

安倍晋三総裁は6月19日、わが党公認の参院選候補予定者の応援のため、千葉と東京で街頭演説を行いました。
東京・吉祥寺での街頭演説で安倍総裁は「政治に求められているものは何か。それは雇用を生み出すことだ」と強調。政権交代後、アベノミクスを強力に推し進めた結果、有効求人倍率が史上初めて47すべての都道府県で1倍を超え、東京では41年ぶりに2倍を超えたと紹介。民主党政権時代に雇用が10万人減ったことや、有効求人倍率が1倍を超えた都道府県が8つにすぎなかったことなど客観的な数字を示して、野党のアベノミクス批判に反論しました。
その上で「アベノミクスは道半ば。しかしだからといって、この政策を止めれば、4年前のあの暗い時代に戻ってしまう。やるべきことはこの政策をしっかりと力強く前に進めていくことだ」と訴えました。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ