ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

党内活動

「安定した基盤の上にみんなが頑張れば成長していく」
安倍総裁が松山市で一億総活躍社会の実現を訴える

平成28年6月11日

「安定した基盤の上にみんなが頑張れば成長していく」安倍総裁が松山市で一億総活躍社会の実現を訴える

安倍晋三総裁は6月11日、わが党公認の参院選候補予定者の応援のため、愛媛県松山市を訪れました。
同市内のホテルで演説した安倍総裁は「われわれは少子高齢社会に真正面から取り組んでいかなければならない。(わが国は)しばらく人口減少が続いても成長していくことができる。それはみんなが活躍することだ」と語り、一億総活躍社会の実現に全力で取り組む決意を表明しました。
また、安倍総裁はわが党が政権を奪還して以降、国と地方あわせた税収が21兆円増えたと強調した上で(うち8兆円は消費税増税分)、アベノミクスの果実を子育てや介護などの社会保障分野に分配すれば安定した基盤ができると力説。「安定した基盤の上にみんなが頑張れば成長していく。そして成長分野にしっかりお金を投入していく。地域が頑張っていくためにしっかりお金を投入していくことによって日本が間違いなく成長していく」と述べ、一億総活躍社会の実現に不可欠な「成長と分配の好循環」の構築に全力を尽くすと訴えました。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ