ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

党内活動

中国による防空識別圏設定 わが国は毅然とした外交姿勢を 党外交・国防合同部会

平成25年11月26日

中国が尖閣諸島(沖縄県石垣市)を含む東シナ海に防空識別圏(ADIZ)を一方的に設定したことを受けて、党外交部会(部会長・城内実衆院議員)と国防部会(部会長・左藤章衆院議員)は11月26日、合同で会議を開き、政府の対応などについて関係省庁から説明を受けました。
ADIZは領空侵犯に備えるため各国が領空の外側に設定している空域で、進入する航空機には事前に通過位置や通過時刻などの報告を求めています。
今回の措置について中国側は「いかなる特定の国家を対象にするものではない」と説明していますが、岩屋毅党安全保障調査会長は冒頭のあいさつで「まかり間違えば不測の事態を招きかねない危険な行為であり、断じて容認できない」と厳しく非難。出席議員からも毅然とした外交姿勢で臨むべきだとの意見が相次ぎました。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ