ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

党内活動

中国による防空識別圏の設定の即時撤回を求める決議 高市政調会長が会見

平成25年11月28日

中国による防空識別圏の設定の即時撤回を求める決議 高市政調会長が会見

高市早苗政務調査会長は28日、自民党本部で会見を行い、中国による防空識別圏の設定の即時撤回を求める以下の決議を発表しました。

中国による防空識別圏の設定の即時撤回を求める決議

平成25年11月28日(木)
自由民主党政務調査会

去る11月23日、中国政府は、「東シナ海防空識別区」を設定し、当該区域を飛行する航空機に対して中国国防部の定める規則を適用するとともに、これに従わない場合には中国軍による「防御的緊急措置」をとる旨発表した。
中国側のこうした措置は、東シナ海周辺における現状を一方的に変更し、事態をエスカレートさせ、現場海空域において不測の事態を招きかねない極めて危険なものである。
今回の中国側の措置は、公海上空を飛行する民間航空機を含む全ての航空機に対して、一方的に軍の定めた手続に従うことを強制的に義務付けた。これに従わない場合、軍による対応措置を講じるとしたことは、国際法上の一般原則である公海上空における飛行の自由の原則を不当に侵害するものであると同時に、アジア太平洋地域ひいては国際社会全体の平和と安定に対する重大な挑戦である。
東シナ海は多数の民間航空機の飛行経路であり、民間航空の秩序及び安全への影響の観点からも大きな問題である。このような中国側の措置は、我が国に対して何ら効力を有するものではないことをここに言明する。
また、中国側が設定した空域は、我が国固有の領土である尖閣諸島の領空があたかも「中国の領空」であるかのごとき表示をしており、このような力を背景とした不当な膨張主義を民主主義・平和主義国家として我が国は断じて受け入れることはできない。
我が党は、公海上空における飛行の自由を妨げるような今回の一切の措置を、中国側が即時撤回することを強く要求する。
また、同盟国である米国をはじめ、自由・民主主義、基本的人権、法の支配といった共通の価値観を有する周辺諸国・地域を含む国際社会及び国連をはじめとする国際機関と緊密に連携しつつ、我が国の主権と国民の生命・財産を断固として守り抜くため、毅然たる態度で必要なあらゆる措置を講じることを政府に強く求める。

--------------------以下 同内容の英文--------------------

Resolution to call for the immediate retraction of
the establishment of the Air Defense Identification Zone
by the Government of the People's Republic of China

November 28, 2013
Policy Research Council, Liberal Democratic Party

On November 23, the Government of the People's Republic of China (PRC) announced that it had established an "East China Sea Air Defense Identification Zone", that aircraft flying in the zone must abide by rules set forth by the Ministry of National Defense of the PRC, and that the Chinese Armed Forces would take "emergency defensive measures" if aircraft did not follow the specified procedures.
These measures taken by the PRC are profoundly dangerous acts that unilaterally change the status quo in the East China Sea, escalating the situation, and that may lead to unintended consequences in the area.
The measures taken by the PRC would coercively oblige all aircraft, including those for civilian use, flying in this international airspace, to abide by regulations that the Chinese Armed Forces have unilaterally set up. The fact that China announced that it plans to take military countermeasures if aircraft do not follow the regulations unduly infringes the freedom of flight in international airspace, which is a general principle of international law. It is also a grave challenge to peace and stability of the Asia Pacific region and of the international community as a whole.
Many aircraft follow routes in the airspace above the East China Sea, and the announced measures raise major problems from the viewpoint of their impact on the order and safety of civil aviation. The Liberal Democratic Party (LDP) would like to make it clear that the measures announced by the Chinese side have no validity whatsoever in Japan.
In addition, the "zone" established by the PRC seems to treat the airspace over the Senkaku islands, an inherent part of the territory of Japan, as if it were a part of China's "territorial airspace". Japan, as a democratic and peace-loving nation, can never accept this kind of unjust expansionism through coercion and intimidation.
The LDP demands that China immediately revoke all such measures that could restrict the freedom of flight in international airspace.
Furthermore, the LDP urges the Government of Japan to adopt a resolute stance and collaborate closely with its ally, the United States, the international community, including neighbouring countries and regions with which Japan shares the common values of freedom and democracy, fundamental human rights, and the rule of law, and with the United Nations and other international organizations to take whatever measures are necessary to fully preserve both the sovereignty of Japan and the lives and property of the Japanese people.


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ