ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

党内活動

ニュース"福島産農産物"を応援する直売会を開催
谷垣総裁「あまくてとても美味しい」

平成24年7月25日

25日、自民党は、福島県選出国会議員が中心となり、いまだ風評被害にさらされる福島産農産物の産直販売を自民党本部にて行いました。主催者は、伊達市認定農業者会で、販売されたのは、桃、トウモロコシ、ミニトマトの三品。訪れた多くの国会議員や自民党関係者が購入しました。

はっぴを着用し、売り子に扮した谷垣禎一総裁は、「風評被害は、みんなの気持ちに不信感がると、どうしても広がってしまう。それを好循環に変えていくための政治の役割は大きいので、我々も発信などをして、これからもがんばっていきたい」と述べ、風評被害の解消に向け、全力を尽くすとの強い決意を示しました。

また谷垣総裁は、桃やトウモロコシを試食し、「あまくてとても美味しい」と舌づつみを打ちました。

ニュース"福島産農産物"を応援する直売会を開催 谷垣総裁「あまくてとても美味しい」
ニュース"福島産農産物"を応援する直売会を開催 谷垣総裁「あまくてとても美味しい」

ニュース"福島産農産物"を応援する直売会を開催 谷垣総裁「あまくてとても美味しい」
ニュース"福島産農産物"を応援する直売会を開催 谷垣総裁「あまくてとても美味しい」

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ