ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

党内活動

米国ニュージャージー州のいわゆる慰安婦記念碑及びソウル市の「平和の碑少女像」、「慰安婦博物館」に関する決議

2012年05月17日

「領土に関する特命委員会」では、韓国系米国人が住民の過半数を占める米国・ニュージャージー州に設置された「慰安婦記念碑」、また韓国・ソウル市の「平和の碑少女像」「慰安婦博物館」について、これらの早期撤去と、日本の国益がこれ以上害されぬよう諸外国に理解を求めることなどを政府に要請する決議をまとめ、藤村官房長官、玄葉外務大臣に申し入れを行いました。

歴史的に全く根拠のない虚偽を世界に宣伝し、日本に対してさらなる補償や謝罪を要求する一連の韓国側の動きは、国際法上の正義に反し両国の友好関係を著しく損ねるものです。

私たち自民党は、今回の決議の内容を早急に実施するよう、政府に対し強く求めていきます。

米国ニュージャージー州のいわゆる慰安婦記念碑及びソウル市の「平和の碑少女像」、「慰安婦博物館」に関する決議
米国ニュージャージー州のいわゆる慰安婦記念碑及びソウル市の「平和の碑少女像」、「慰安婦博物館」に関する決議

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ