ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

党内活動

石原幹事長「田中防衛大臣の訪沖は、日本の安全保障の障害に」 沖縄本土復帰40周年記念式典

2012年05月15日

15日に行われる沖縄本土復帰40周年式典に、田中防衛大臣が出席することについて、石原伸晃幹事長は、「問責を受けた田中直紀防衛大臣が出席している。米軍再編を巡り、本来であればワシントンを訪問すべきところだが、(田中氏は)自信がないのかそういうことができず、日本の安全保障の障害となっている。また沖縄県には、普天間基地の問題があり、(田中氏は)担当大臣としてこの問題に取り組む能力はなく、沖縄県民の支持を得ることはできない」と指摘。防衛大臣として著しく適性に欠ける田中氏の沖縄県訪問に対して、強い懸念を示しました。

また石原幹事長は、「終盤国会を円滑に進めていくうえでも、(野田総理には)善処を求める」と述べ、野田総理に対して、防衛大臣に的確な人材を充てるよう強く求めるとともに、重要閣僚の人事を軽んじる野田総理の対応が、終盤国会に悪影響を及ぼすとの認識を示しました。

沖縄本土復帰40周年式典には、自民党を代表して谷垣禎一総裁が出席します。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ