ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

党内活動

国民新党・クーデター騒動
石原幹事長「私利・私欲党だ。人の道に外れている」

2012年04月06日

国民新党・クーデター騒動 石原幹事長「私利・私欲党だ。人の道に外れている」

国民新党の自見庄三郎金融・郵政改革担当大臣や下地幹郎幹事長らが議員総会を開き、亀井静香代表を解任し、後任に自見氏を代表とすることを決定したことについて、石原伸晃幹事長は、「人の道というものがある。(国民新党は)亀井静香代表がここまで公私に渡ってバックアップしてきた党だ。自分たちが連立に残りたいからと言って、クーデターを起こした。私利・私欲党だ。」と、自見氏らの対応を厳しく批判しました。

また、野田総理が自見氏らと連立を維持する意向を示していることについては、「本当に連立政権が維持できているのかが国民にも分からない。野田総理は、社会保障と税の一体改革に命がけ、不退転と言っているが、しっかりと見極めないと自分の足元からガラガラと崩れる」と鋭く指摘しました。


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ