ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

党内活動

大連立要請 野田総理の消費増税に対する不退転の決意に疑問符 大島副総裁

2012年03月19日

大連立要請 野田総理の消費増税に対する不退転の決意に疑問符 大島副総裁

大島理森副総裁は、19日、岡田克也副総理が消費税増税法案の成立の見通しが立たないため、自民党幹部に対して大連立を打診していたという一部報道に関して、「そういう要請があったとは聞いていない」と否定しました。

また、消費税増税について民主党内や連立のパートナーである国民新党からも批判の声が出ていること触れ、「民主党内をまとめられないから、自民党さん、助けてくださいという意図だとすれば、(野田総理の)不退転の決意は、一体何だったのか。与党内、連立内閣のとりまとめは困難という証だ」と野田総理の決意に大いなる疑問符をつきつけました。

その上で、「国民に声をしっかりと聞いたうえで、再スタートすべき」と、早期の解散・総選挙を求めていく考えを改めて示しました。


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ