ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

党内活動

台風12号豪雨災害 谷垣総裁が和歌山・三重・奈良の災害現場を視察

2011年09月11日

谷垣総裁は、10・11両日、台風12号により、甚大な被害にあった和歌山、三重、奈良の3県を訪問し、「激甚に相当するのは、被害を見れば分かる。前倒しで、激甚災害に位置づけなければならない」との考えを示しました。

谷垣総裁が視察したのは、和歌山県那智勝浦町、三重県紀宝町、奈良県十津川村など、大規模な土砂崩れで寸断された道路や、住宅が崩壊した被災現場。ヘリコプターで、上空からも河川の氾濫状況を確認しました。また、谷垣総裁は、仁坂吉伸和歌山県知事、鈴木英敬三重県知事、荒井正吾奈良県知事ら被災地の首長と相次いで会談しました。

激甚災害の早期指定などを求める首長の切実な声に、谷垣総裁は、「一日も早く激甚災害に指定し、第3次補正予算に位置付けていかないといけない。わが党として総力を挙げて対応する」と述べました。視察には、二階俊博(和歌山3区)、田野瀬良太郎(奈良4区)、三ッ矢憲生(三重5区)各衆院議員らが同行しました。

台風12号豪雨災害 谷垣総裁が和歌山・三重・奈良の災害現場を視察
台風12号豪雨災害 谷垣総裁が和歌山・三重・奈良の災害現場を視察
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ