ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

党内活動

原発対策で政府内混乱を追及 (7日、参院予算委)

2011年07月07日

国会は7日、参院予算員会で集中審議を行い、わが党からは礒崎陽輔、片山さつき、金子原二郎、佐藤ゆかりの4議員が菅内閣の原発事故対策を中心に質問しました。

この中で、礒崎議員は、海江田万里・経済産業大臣がさきに佐賀県に九州電力玄海原発の再稼働を要請しながら、6日になって政府が全原発について、地震・津波などの耐震性を調べる「ストレステスト」の実施を発表したことを問題視。地元に混乱を招いている責任を追及したのに対して、海江田大臣は「いずれ時期が来たら、責任を取らせていただく」と述べ、責任を認めました。

この問題については、片山議員が閣内不一致と見られる点を厳しく追及しました。海江田大臣が6日の会見で、ストレステストは原発再稼働の条件では必ずしもないと発言したのに対して、細野豪志・原発担当大臣はストレステストが終わらなければ再稼働できないと発言しており、菅総理に「どちらが正しいのか」と質しましたが、総理から納得できる答弁はありませんでした。これら、わが党の質問により、菅内閣の原発対策をめぐる混乱がさらに露呈した格好でした。

原発対策で政府内混乱を追及 (7日、参院予算委)
原発対策で政府内混乱を追及 (7日、参院予算委)
原発対策で政府内混乱を追及 (7日、参院予算委)
原発対策で政府内混乱を追及 (7日、参院予算委)
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ