ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

党内活動

谷垣総裁が菅総理に退陣を要求 党首討論

2011年06月01日

谷垣総裁が菅総理に退陣を要求 党首討論

谷垣総裁は1日に開催された党首討論で、菅総理に退陣を強く求めました。

その理由として、菅政権は国民、諸外国、行政府、与野党議員の4方面から不信感を持たれており、「原発事故での不手際」「被災者への視点の欠如」「マニフェストの撤回」の3点は、菅内閣の「3つの大罪」だと指摘しました。

第2次補正予算などの取り組みが極めて遅いことについても、「何でいろんな問題が進まないかといえば、300議席を超えている与党を十分に掌握できない、あなたの不徳と力量の無さが、この空白を呼んでいる原因だ」と痛烈に批判しました。

これに対し菅総理は退陣要求を拒否しましたが、「指摘をいただいていることは重々承知している」と認めざるを得ませんでした。


谷垣総裁が菅総理に退陣を要求 党首討論
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ