ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

党内活動

統一地方選延期法案成立へ 衆院本会議

2011年03月17日

統一地方選延期法案成立へ 衆院本会議

東日本巨大地震の被災地を対象に4月の統一地方選を延期する臨時特例法案が17日開かれた衆院本会議で、わが党などの賛成多数で可決した。18日には、参院で可決、成立する見通し。

同法案は、総務大臣が当該選挙管理委員会の意見を聞いた上で、延期対象地域を指定するもの。投票日を法施行日から2~6カ月の期間で延期する。被害が甚大だった岩手、宮城、福島の3県は対象地域に指定される見込み。3県では、計70の選挙が予定されている。

平成7年には、阪神大震災後の統一地方選のうち5つの選挙が延期された。大島理森副総裁は両院議員総会で「わが国は主権国家である。3県を除く統一地方選を行うことも責務だ。被災者への思いを持ちながら粛々とした、力強い活動をお願いしたい」と理解を求めた。


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ