ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

党内活動

谷垣総裁、SC大臣が「自民党版予算案」をアピール 東京・新橋

20011年3月2日

谷垣総裁、SC大臣が「自民党版予算案」をアピール 東京・新橋

谷垣禎一総裁は2日夕、東京・新橋駅前の街頭に立ち、来年度予算案に対するわが党の考えを訴えた。演説のなかで、谷垣総裁は、民主党のマニフェストは崩壊しているのとの認識を示した上で、「信頼の基礎が崩れた政権と協力するには限界がある」と強調。「政治は正直に国民に主張し、もう1回国民の声を聞かなければ、先には進めない」と述べ、解散・総選挙に追い込む覚悟を示した。

石破茂政務調査会長は、民主党政権の目玉「子ども手当」を「困っていない人にまでお金を差し上げるのはバラマキだ」と批判し、わが党として所得制限を伴う児童手当や保育所の拡充に取り組む方針を明らかにした。わが党は2月28日、「自民党版予算案」として「子ども手当」などバラマキ4K政策の撤回を求める来年度予算案の組み替え動議を提出した。林芳正シャドウ・キャビネット(SC)財務大臣、下村博文SC文部科学大臣、田村憲久SC厚生労働大臣、西村康稔SC経済産業大臣、竹本直一SC経済財政担当大臣もマイクを握り、「自民党版予算案」の具体的内容をアピールした。


谷垣総裁、SC大臣が「自民党版予算案」をアピール東京・新橋
谷垣総裁、SC大臣が「自民党版予算案」をアピール東京・新橋
谷垣総裁、SC大臣が「自民党版予算案」をアピール東京・新橋
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ