ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

党内活動

谷垣総裁、東日本巨大地震・津波災害の被災地、宮城・福島両県を訪問

2011年03月27日

谷垣禎一総裁は27日、東日本巨大地震・津波で被害に遭った、宮城・福島両県の被災地を訪れた。仙台市若林区に足を踏み入れた谷垣総裁は、巨大津波によって家屋や船舶が押し流されたつめ痕を前に「言葉が出ない。現地の悲惨さがよく分かった」と述べ、対策を練り直す必要があるとの考えを示した。

また、原発事故による避難者が多く生活する福島県相馬市の避難所では、「4月から子供をどこの学校に行かせればいいか分からない」「就職が決まった会社が被災し待機命令が出ている。これからが不安だ」などの悲痛な声が上がった。谷垣総裁は「疲労や空腹に耐えながら、頑張っておられる皆さまにお見舞い申し上げる。

安心と安全を確保し、1日も早く希望を取り戻せるよう全力を尽くす」と励ました。また、被災地の首長とも相次いで会談。福島第1原発から半径20kmから30kmの間にあり、政府から「避難指示」や「屋内退避」を命じられている南相馬市の桜井勝延市長は「物が入ってこない。

自由な物流を保障して頂かないと、市全体が崩壊しかねない」と訴えた。谷垣総裁は「与党と協力して全力で取り組みたい」と応じた。

谷垣総裁、東日本巨大地震・津波災害の被災地、宮城・福島両県を訪問
谷垣総裁、東日本巨大地震・津波災害の被災地、宮城・福島両県を訪問
谷垣総裁、東日本巨大地震・津波災害の被災地、宮城・福島両県を訪問
谷垣総裁、東日本巨大地震・津波災害の被災地、宮城・福島両県を訪問
谷垣総裁、東日本巨大地震・津波災害の被災地、宮城・福島両県を訪問
谷垣総裁、東日本巨大地震・津波災害の被災地、宮城・福島両県を訪問
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ