ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

党内活動

社会保障と税の一体改革
石破政調会長「政府与党案を示せ」衆院予算委員会

2011年02月01日

社会保障と税の一体改革 石破政調会長「政府与党案を示せ」衆院予算委員会

石破茂政務調査会長は、社会保障と税の一体改革について「政府与党案を示さなければ協議はできない。案を作って協議を呼びかけるのが責任与党だ」と述べた。菅直人総理は「案作りの段階から与野党の議論ができないかと申し上げている」と呼びかけたが、石破政調会長は「案を作る段階から一緒に協議するのは連立だ。連立はするつもりはない」ときっぱり否定した。

続いて、石破政調会長が指摘したのは、消費税増税を鮮明にする民主党のマニフェストの変節だ。石破政調会長は「民主党は予算を組み替え、無駄を省けば金は出てくるとしてきた」「マニフェストと反するならもう一度国民に信を問うのは当然だ」と解散総選挙を強く求めた。

また、かつて民主党のマニフェストを「バラマキ」と批判してきた与謝野馨経済財政担当大臣は、わが党が求めるバラマキ政策の撤回に関し、「白紙撤回はむごい言葉だ」と自らの変節ぶりをあらわにした。


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ