ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

党内活動

社民との修正協議は「数合わせ」 谷垣総裁が日本記者クラブで会見

2011年02月14日

社民との修正協議は「数合わせ」 谷垣総裁が日本記者クラブで会見

谷垣禎一総裁は14日、東京・内幸町の日本プレスセンターで、日本記者クラブ主催の記者会見を行った。

谷垣総裁は民主党政権がわが党に税と社会保障の一体改革をめぐる超党派協議を呼びかけながら、消費税率引き上げに反対している社民党と平成23年度予算案の修正協議を始めることについて「菅総理は何を目指しているのか。方向性が不明瞭だ」との認識を強調。衆院での再議決に必要な3分の2以上の議席獲得を最優先した政策の一貫性のなさを「政権を維持するための数合わせに終始していると感じざるを得ない。政権運営が自己目的化している」と指摘した上で、国民の信頼を回復するためには「けじめをつけ、リセット、仕切り直しをすることが一番の早道だ」と早期の解散総選挙をあらためて求めた。

また、最新の世論調査で菅内閣の支持率が発足後最低となる一方、わが党の支持率も十分に回復しないことの見解を問われ、谷垣総裁は「(自民党は)長い間、政権にいて古びてしまった。地味なことを着々とやっていかねばならない」として、党改革を進めながら、責任ある政策を打ち出していく考えを述べた。


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ