ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

党内活動

自民党IT戦略特命委員会マイナンバー利活用推進小委員会 マイナンバーの利活用募集要項

平成26年4月25日

委員長  平井たくや
小委員長 ふくだ峰之

 

昨年5月に「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」(マイナンバー法)が成立。社会保障・税番号制度いわゆるマイナンバーの運用が、再来年1月より開始されます。
マイナンバーは、社会保障・税制度の効率性・透明性を高め、国民にとって利便性の高い公平・公正な社会を実現することを目的に導入されます。しかし、個人情報の取り扱いにナーバスな現状を鑑みると、利活用の範囲が一部の行政手続きに留まる場合には、国民に浸透がなされない恐れもあります。
一方、諸外国の例を見ると銀行口座開設時の本人確認を受けるとき、融資の審査を受けるとき、保険に加入するとき、アルバイトを含む就労を行うとき、教育や医療サービスを受けるときの本人確認など、様々な分野で利活用されています。
そこで当小委員会では、民間事業者よりマイナンバーの利活用方法を広く募集し、マイナンバー制度が真に国民に資する制度となるような提案を受け付けることにいたしました。マイナンバー制度の趣旨に沿った有益な利活用方法のご提案をお待ちしております。

 

募集要項

【応募対象】 マイナンバーの利活用を希望する事業者
【応募内容】 マイナンバー導入の趣旨に沿い、かつ国民生活の利便性を高める利活用方法
【応募方法】 ご提案内容をPDF形式でメールで以下のアドレスにお送りください。分かりやすい簡潔な内容でお願い致します。なお、いただきました内容は、本委員会にて管理し、他の目的での使用はございません。
h14656(at)shugiin.go.jp(遠藤まで)
【選考方法】 ご応募いただいた方には、後日15分程度のプレゼンを自民党本部で行っていただきます。プレゼン日時は、後日ご連絡いたします。なお、応募多数の場合には、書類選考を行いますのでご了承ください。
【募集期間】 4月24日(木)~5月20日(火)
【優秀提案】 ご提案いただいた魅力的な利活用方法は、当委員会より政府への提言の中で生かさせていただきます。

 

□お問合せは直接小委員長の事務所まで・・・
衆議院議員ふくだ峰之事務所 (担当)遠藤
TEL : 03-3508-7902

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ