ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

バックナンバー メールマガジン

メールマガジン 2019.12.27 Vol.909

★☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ┌───┐
    │\_/│  日本の明日を切り拓く。JIMIN News Packet
    └───┘

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【令和元年12月27日 Vol.909】

===============================================================
Jimin NEWS「安心と成長の未来を拓く 『総合経済対策』」を発行
===============================================================
党広報本部(本部長:平沢勝栄衆議院議員)は、政府が12月5日に閣議決定した
経済対策(財政支出13兆円/事業規模26兆円)を分かりやすくまとめた
Jimin NEWS「安心と成長の未来を拓く 『総合経済対策』」を発行しました。
経済対策の3つの柱を中心に、イラストなどを用いて解説しています。
主な内容は以下のとおりです。

(1)災害からの復旧・復興(5.8兆円)
   地震、台風、記録的な豪雨などからの復旧・復興をさらに加速させ、被災地における
   経済活動の停滞を一刻も早く解消します。
(2)海外経済の下振れリスクへの対応(3.1兆円)
   米中間の通商問題等による海外発の経済下方リスクに対し、生産性向上のための
   環境整備などで、中小企業・小規模事業者や農林水産業、地方を重点的に支援します。
(3)東京五輪後も見据えた「未来への投資」(4.3兆円)
   イノベーションの促進や先端技術、人材への大胆な投資により生産性を
   飛躍的に向上させることで、東京五輪後も日本経済のさらなる成長を促します。

国内災害、海外経済の先行きリスクへの備え。そして、成長分野への投資。
自民党は、令和初の大規模経済対策を着実に実行し、日本の「安心と成長を確保」します。

■詳しくはこちらから
・【JiminNEWS】【号外】安心と成長の未来を拓く「総合経済対策」(党HP)
 https://www.jimin.jp/news/policy/recapture/140865.html


===============================================================
日中韓サミット等出席のため中国を訪問-安倍総理
===============================================================
12月23日から25日の日程で、安倍総理は中国を訪問し、中国の李克強国務院総理、
韓国の文在寅大統領とともに日中韓サミットに出席しました。
サミットでは、これまでの20年に及ぶ3か国協力を総括し、今後10年の日中韓協力の方向性について
議論するとともに、北朝鮮をはじめとする地域・国際情勢について意見交換を行いました。

安倍総理は、これまでの対話と協力の積み重ねを踏まえ、3か国が世界をリードする分野において
具体的な協力を進めていくべきとの考えを示した上で、
3つの「E」(環境(Environmental Problem)、高齢社会(Elderly Society)、人的交流(Exchange))を
中心に、「3か国がウィン・ウィン・ウィンの関係を築けるよう、今後の日中韓協力を
進めていきたい」と述べました。

また、北朝鮮情勢については、度重なる弾道ミサイルの発射は安保理決議違反であると強く批判し、
「北朝鮮の完全な非核化に向けて米朝プロセスを最大限後押ししていくことが重要だ」と強調。
拉致問題については、早期解決に向けての支援と協力を求め、両首脳から日本の立場に理解を得ました。

さらに、安倍総理はRCEP(東アジア地域包括的経済連携)について早期署名を目指す考えを表明。
3首脳は、さらなる世界経済の発展には自由で公正な貿易・投資が重要であるとの点について
意見の一致を見るとともに、RCEPの実現に向け努力を続けることを確認しました。

■詳しくはこちらから
・日中韓サミット(外務省HP)
 https://www.mofa.go.jp/mofaj/a_o/rp/page4_005530.html


===============================================================
安倍総理がイラン・ローハニ大統領と会談
===============================================================
12月20日、安倍総理はイラン・ローハニ大統領と首相官邸で会談を行いました。

約3時間にわたり行われた首脳会談では、地域・国際情勢や二国間関係などについて
率直な意見交換が行われました。
安倍総理は、中東地域において緊張が高まっていることに強い懸念を示した上で、日本としては
粘り強い外交努力を継続していく考えを伝達。
これに対し、ローハニ大統領は、「イランとしても地域の平和と安定を望んでおり、
引き続き日本と密接に連携していきたい」と述べました。

さらに、安倍総理は、海上自衛隊の中東派遣について、その目的が日本関係船舶の安全確保にあることを
説明するとともに、イランとしても船舶の安全な航行を確保するために沿岸国としての責任を
全うするよう働きかけました。
ローハニ大統領からは、イランはペルシャ湾地域の緊張緩和に向けた日本の外交努力を評価していると
述べた上で、「航行の安全確保に貢献する日本の意図を理解している」との発言がありました。

■詳しくはこちらから
・日・イラン首脳会談等(官邸HP)
 https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/201912/20iran.html
・日・イラン首脳会談(外務省HP)
 https://www.mofa.go.jp/mofaj/me_a/me2/ir/page4_005527.html


===============================================================
第17回国際政治・外交論文コンテスト 作品募集
===============================================================
自民党国際局では毎年『国際政治・外交論文コンテスト』を開催し、論文を募集しています。

今回のテーマは「多国間主義の揺らぎ、デジタル・イノベーションの進展、安全保障環境の変化の中で、
『地球儀を俯瞰する外交』をどう進めるべきか」です。
どうぞ皆さんのご意見をお聞かせ下さい。

<締め切り>
令和2年1月24日(金)消印有効(メールの場合は、当日までに必着)

■詳しくはこちらから
・第17回 国際政治・外交論文コンテスト 開催(党HP)
 https://www.jimin.jp/involved/campaign/140555.html


■次回の配信は1月10日(金)の予定です。

◆選挙情報
 → https://www.jimin.jp/election/index.html#election-each
◆党執行部記者会見
 → https://www.jimin.jp/news/press/index.html
◆党所属国会議員のメディア出演
 → https://www.jimin.jp/activity/media/index.html
◆党所属国会議員・役員情報
 → https://www.jimin.jp/member/


┌─────────────────────────────────┐
       ■編集&発行■自民党広報本部ネットメディア局
         〒100-8910 東京都千代田区永田町1-11-23
    URL: https://www.jimin.jp/ Mail: ldpmag@mail.jimin.jp
         Copyright(C)2019 自由民主党本部
└─────────────────────────────────┘

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ