ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

募集・キャンペーン

第17回 国際政治・外交論文コンテスト 開催

第17回 国際政治・外交論文コンテスト 開催

今回は、「多国間主義の揺らぎ、デジタル・イノベーションの進展、安全保障環境の変化の中で、『地球儀を俯瞰する外交』をどう進めるべきか」をテーマに論文を募集します。
幅広いご意見・ご提言をお寄せ下さい。皆様からのご応募をお待ちしております。

<趣 旨>

 世界的なパワーバランスの変化や第四次産業革命の急速な進展、国境や産業の垣根を越えた脅威の出現など、日本を取り巻く国際環境は大きく変化しています。その変化のスピードがますます加速する中で、「地球儀を俯瞰する外交」をどのように進めるべきであるか。令和という新しい時代を迎えた今、幅広い意見・提言を論文コンテストを通じて募集をし、党の政策立案の一助としていく。

<テーマ>

「多国間主義の揺らぎ、デジタル・イノベーションの進展、安全保障環境の変化の中で、
『地球儀を俯瞰する外交』をどう進めるべきか」

<応募規定>

○400字詰め原稿用紙(20字×20字)10枚(4000字程度)、タテ書き。
  パソコンの場合は、A4判40字×35行、文字サイズは10.5ポイント程度。

○日本語で書いた未発表の作品で1人1編。なお、原稿の返却はいたしませんのでご了承下さい。
  (応募作品の著作権については自由民主党に帰属します)

<応募方法>

○郵送またはメールにて応募して下さい。
所定の応募用紙(Excel/PDF)に、住所・氏名(本名)・性別・生年月日・年齢・職業・電話番号を明記し、下記宛先までお送り下さい。(封筒の表に朱書きで、「応募論文在中」と明記)


<賞>

自由民主党総裁賞(1編)    賞状及び賞金10万円
自由民主党幹事長賞(1編)   賞状及び副賞
自由民主党国際局長賞(1編)  賞状及び副賞

<審査員>

袴田 茂樹 新潟県立大学教授、党外有識者
小泉 龍司 自由民主党国際局長、党役員

<締め切り>

令和2年1月24日(金)消印有効(メールの場合は、当日までに必着)

<発表>

令和2年2月下旬を予定、自由民主党HPにて発表
※党大会(令和2年3月8日(日)開催予定)において総裁より表彰

<宛先>

〒100-8910 東京都千代田区永田町1-11-23
自由民主党本部国際局「論文コンテスト事務局」
電 話:03-3592-8896
Email:kokusai@mail.jimin.jp

 

これまでの受賞作品

【第16回】「貿易をめぐる国際情勢や朝鮮半島情勢が激変する中、日本外交にとって最適な選択肢とは」 【第15回】「世界の中の『戦後日本』来し方行く末」 【第14回】「世界秩序の変化の中、我々は『中露』とどう付き合うべきなのか」 【第13回】「『世界一安全な国、日本』実現のための提言
―2020年オリンピック・パラリンピック東京大会までの戦略」
【第12回】「外交政策としてのエネルギー戦略」 【第11回】「東京オリンピック・パラリンピックに向けて―7年後の日本のあるべき姿―」 【第10回】「日本を立て直す そのために、自由民主党が果たす役割」 【第8回】「日本は政府開発援助(ODA)を減らすべきか?」 【第9回】「日本再生のために、今、一番必要なこと」 【第7回】「今ここに、再び問う。日本は技術立国として再び世界をリードできるのか」 【第6回】「国家の統治能力と国民の努力」 【第5回】「環境先進国日本の役割 ―洞爺湖サミットを控えて―」 【第4回】「アジア外交と日本の防衛」 【第3回】「世界の中の日本-これからの50年-」 【第2回】「21世紀のビジョン-この国のカタチ-」 【第1回】「日本の国際貢献のあり方を考える」
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ