ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

コラム

「強い自民党・愛される自民党」をつくる

山口泰明組織運動本部長に聞く

 安倍政権が新たに掲げる「1億総活躍社会」の実現など、未来を見据えた政策を国民の理解を得ながら、よりスピード感をもって推進していくために は、政権を支えるわが党の組織基盤をさらに強化していく必要がある。「強いリーダーシップと人の和、徹底した現場主義が何よりも大事だ」と語る山口泰明組 織運動本部長に、今後の活動方針などについて話を聞いた。

党の基盤は強固な地方組織にあり
組織強化は各級選挙勝利が不可欠

「徹底した現場主義が大事」と語る山口泰明組織運動本部長

 ――党勢拡大に向けて今後の活動方針は。

 山口泰明組織運動本部長 各級選挙で、いかなる逆風が吹こうとも、それに耐えうる強靭な組織を構築していかなければなりません。その一つが党員獲得運動です。

 平成26年から「120万党員獲得運動」がスタートしました。これは、平成26年から2年かけて目標を達成するもので、本年は総仕上げの年です。

 1選挙区あたり4000人以上の党員獲得を目標にしていますが、このうち選挙区支部長は自ら先頭に立ち、千人以上の党員を獲得しなければなりません。厳しい目標ですが、残りわずかの期間、強力に運動を展開していきます。

 さらに、「自民党員」として誇りをもって活動できるような運動を展開しながら、党組織の足腰を鍛え上げ、「強い自民党・愛される自民党」をつくりあげていきたいと思います。

 ――党勢拡大には団体対応も重要です。

 山口 団体総局の15関係団体委員会が実働部隊となります。団体総局長を中心に、各委員会の正副委員長が分担して機動的に団体訪問できるような体制を組んでいきます。できる限り団体に足を運ぶという野党時代の精神を決して忘れてはなりません。

 政務調査会と協力し、予算や税制などの政策懇談会を開催し、協議会加盟団体の要望を丁寧に受け止めていく考えです。

 あわせて新規産業や成長分野で一定の組織力がある団体に対しても連携を働きかけていく方針です。

 党役員と団体幹部が本音で話し合えるような懇談会を計画し、さまざまな意見に耳を傾けていきます。

 また、わが党は働く皆さんの役に立つ政策実現に立党以来努めてきました。近年の賃上げ状況も、政府・与党が全力を挙げて取り組んだ成果です。この ことは、これまでわが党と友好的な労働組合の皆さんにもきちんと評価されています。今後も労政局を通じて、じっくりと腰を据えて、連合をはじめ労働組合と の付き合いを進めていきたいと考えています。

 ――基幹組織となる青年局、女性局の具体的な動きは。

 山口 「組織力」を磨き上げていくには、地方の実情に合った政策づくりなど、地域に根差したきめ細かな活動が重要となります。

 青年局では、街頭活動、各種研修事業、青年関係団体との交流、学生部活動、台湾との交流など、これまでの活動を一層充実させていきます。

 また、選挙権年齢引き下げを見据え、若年層対策の全国的な取り組み強化も図っていく方針です。

 女性局では、全国の女性組織が一体となって来夏の参院選を戦えるよう、今秋、全国8ブロックごとの会議で活動方針を議論し、来年3月の全国女性局長・代表者会議で大方針を決定します。

 さらに、全国女性議員政策研究会を通じて、「女性の健康」など、女性局としての統一的政策課題に取り組んでいきます。

 ――来夏の参院選をはじめ、今後行われる各級選挙への取り組みは。

 山口 わが党の基盤は強固な地方組織にあり、組織の強化発展のためには各級選挙での勝利が不可欠です。選挙に奇策はありません。基本に忠実に、地道な活動が必要です。 

 前線部隊となるのは、やはり基幹組織に加え、団体総局や遊説局です。 

 参院選に向けての団体との基盤づくりのためには、比例代表対策が何よりも重要です。主要団体のほとんどは、政権交代を経て、「やはり自民党が唯一頼りになる政党だ」との認識をもっていると思います。 

 その期待に応えるためにも、第一に各団体の組織内候補の擁立、次にわが党候補の推薦、支援を精力的に働きかけていきたいと思います。

 これから、11月22日には大阪府知事・市長のダブル選挙、沖縄においては宜野湾市長選や沖縄県議会議員選などが予定されています。

 こうした厳しい選挙戦を勝ち抜くには、党全体の総合力が問われます。選挙対策本部や広報本部としっかり連携しながら、都道府県支部連合会をはじめとする地方組織、各種友好団体、党員・党友の皆さんと心を一つにして、一つひとつ勝利していけるよう取り組んでいきます。

 

機関紙「自由民主」2673号(2015年11月10日)1面に掲載

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ