ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

党内活動

北朝鮮による弾道ミサイル発射を受け北朝鮮核実験・ミサイル問題対策本部を開催

平成29年9月15日


北朝鮮による弾道ミサイル発射を受け北朝鮮核実験・ミサイル問題対策本部を開催

9月15日午前6時57分ごろに北朝鮮が発射した弾道ミサイルが、北海道襟裳岬東方の約2200キロの太平洋上に落下した事態を受け、わが党は北朝鮮核実験・ミサイル問題対策本部(本部長・二階俊博幹事長)を開催しました。
8月29日に続き、わが国上空を通過する弾道ミサイルを発射したことは、地域の緊張を一方的に高める深刻な挑発行為であり、また、何の事前通告もなく弾道ミサイルを発射したことは、航空機や船舶の安全確保の観点からも極めて問題のある行為です。
二階俊博幹事長は冒頭挨拶で「わが党としても全党を挙げて国民の生命を守っていかないといけない」と述べ、国民の生命を最優先に対応していく方針を示しました。
また、薗浦健太郎内閣総理大臣補佐官、佐藤正久外務副大臣、大野敬太郎防衛大臣政務官からは、北朝鮮による弾道ミサイル発射後の政府による万全な対応が説明されました。
出席議員からは、「国連安保理の緊急会合でわが国の本気度を示すメッセージを打ち出すべき」「Jアラートの情報の信頼性をどのように確保するのか」などの意見や質問が出され、今回の北朝鮮による弾道ミサイル発射に大きな懸念が示されました。
今後、わが党は、国民の安全・安心を確保するため、北朝鮮に対する圧力を強化する政府と連携していきます。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ