ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

党内活動

【法 務】治安確保の体制を整備

平成25年9月4日

法務省の概算要求額は、対前年度比約8%増の7626億円。また、検事29人を含む職員1085人の増員が要求された。定員合理化数を差し引くと、341人の純増要求となる。

世界一安全・安心な社会の実現に向けて、治安確保のための体制整備における人員の充実強化、各種事件・事務処理経費の確保、施設整備の3点が重点事項。

要求額の主な内訳は、法秩序の維持・確保に4282億円、この中には検察における捜査・公判体制の充実経費、矯正と保護における再犯防止対策や出入国審査体制の充実強化経費などが含まれる。また、司法制度改革の推進として、民事法律扶助業務の増加に対応するための日本司法支援センターの運営経費などに315億円、国民の権利擁護に1298億円が盛り込まれた。

最高裁判所関係は、裁判官32人を含む総数72人の増員が要求され、定員合理化数を差し引くと純増要求は7人。また、裁判事務処理体制の充実と裁判所施設整備の経費として3167億円、裁判所庁舎の耐震化などに173億円が計上された。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ