ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

党内活動

「日本をこの沖縄から再生する」
石破 茂 幹事長(沖縄県那覇市・安里政晃候補の応援)

平成25年7月11日

「日本をこの沖縄から再生する」 石破 茂 幹事長(沖縄県那覇市・安里政晃候補の応援)

安全保障は国全体で負担

私は昨年の総選挙同様、選挙期間中の応援遊説をこの沖縄からスタートする。

この半年の安倍政権は、経済の回復、外交・安全保障の回復に最大の力を注いできた。安倍政権の最大目標は、経済の立て直しだ。国民誰もが強い関心を寄せる社会保障政策を推進し充実させるためにも、経済を確かなものにしなければならない。

21世紀の日本を牽引(けんいん)するのは、間違いなくこの沖縄だ。人口やエネルギー問題などで発展が見込める上、成長を続けるアジア諸国に最も近い位置にあるからこそ、日本再生の鍵になる。日本をこの沖縄から再生する。

特に観光面で、那覇・北京間の航空路線が再開したが、観光客の誘致に弾みをつけるためにも、安倍政権は現在の円安の流れを重視したい。

日米安全保障は、日本でできることは日本で行うべきで、米国に負わせてはならないのは当然だ。また、日本の安全保障は日本全体で負わなければならず、沖縄だけに押し付けてはならない。もちろん普天間基地の危険性は、一日も早く除去する必要がある。われわれは沖縄の負担を軽くしたいと考える。有権者がわが党の政策に理解を深めるよう訴えたい。

選挙では、公明党と協力して、できることは全てやるとの考えだ。

「沖縄の思い」政治に

われわれは新しい自民党として、この日本を切り開いていく。この選挙、何としても自公与党で非改選と合わせて過半数の議席を得て、「衆参のねじれ」に終止符を打たねばならない。先頭で強力に応援する仲井眞弘多知事などやわが党の沖縄の衆参国会議員5人が力を結集し、さらに「沖縄の心、沖縄の願い、沖縄の思い」を政治の場で活かすためにも、われわれに支援をいただきたい。


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ