ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

党内活動

子ども手当の見直しなどが賛成の前提 衆院予算委員会での補正予算可決で谷垣禎一総裁が記者会見

2011年04月30日

子ども手当の見直しなどが賛成の前提 衆院予算委員会での補正予算可決で谷垣禎一総裁が記者会見

震災対応の今年度第1次補正予算が衆院予算委員会で可決されたことを受け、谷垣禎一総裁は30日、記者会見で、「規模、内容とも十分でない」としながらも「被災地、被災者の状況をおもんばかると、早急な復旧に資することが何よりも優先」とわが党が補正予算に賛成した理由を述べた。

また、「(わが党、民主党、公明との間で結ばれた)合意の誠意ある対応を前提にしながら、緊急性を踏まえ賛成した」と述べ、「子ども手当」の見直しなど昨日の3党間合意の実現が今後必要との考えを示した。

3党間の合意には、バラマキ4Kの象徴である子ども手当や高速道路無料化の見直しのほか、年金の国庫負担分2.5兆円を補正予算に転用したことによる年金財源の不足分について、第2次補正予算編成時に対応策を検討することなどが盛り込まれている。


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ