ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

党内活動

自公の安定勢力への支持訴える
谷垣禎一幹事長 兵庫県内を遊説

平成26年12月2日

自公の安定勢力への支持訴える 谷垣禎一幹事長 兵庫県内を遊説

 谷垣禎一幹事長は総選挙が公示された2日、兵庫県の各選挙区を遊説しました。この中、兵庫7区のやまだ賢司候補と阪神西宮駅前に立った谷垣幹事長は、やまだ候補を「銀行での実務経験によって政策論で活躍している」「大きく育ってほしい人材」と紹介して支持を訴えました。
 谷垣幹事長は演説の中で、安倍政権発足以来この2年間の、雇用改善や賃金上昇など景気回復の実績を示す一方、「個人消費を高めることと、地方の景気を強くすることが、われわれに出されている宿題」と述べて課題を説明。「それで今、地方創生に取り組んでいる」として、地方の活性化のための具体策を進めなければならないと主張しました。
 また、谷垣幹事長は、「政治が安定しなければ政策も安定せず、国際的にも信用されない」「政治が安定する勢力が各地に根付かなければ、せっかくの政策も生きない」と述べて、自公政権への理解と支持を訴えました。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ