憲法改正推進本部 遊説・組織委員会|憲法に自衛隊を

憲法改正推進本部 遊説・組織委員会

  • facebook
SCROLL
  • 憲法に自衛隊を

  • MESSAGE

    災害派遣や国土防衛などを担い、
    日本の平和と安全を衛っている自衛隊。
    国民の多くが「自衛隊は必要だ」と
    感じているにもかかわらず、
    憲法に明記されていないために、
    その存在に疑問を抱く人々もいます。
    今こそ、自衛隊への理解を深め、
    憲法改正について考えてみませんか?

  • 憲法に自衛隊を

  • MESSAGE

    災害派遣や国土防衛などを担い、
    日本の平和と安全を衛っている自衛隊。
    国民の多くが「自衛隊は必要だ」と
    感じているにもかかわらず、
    憲法に明記されていないために、
    その存在に疑問を抱く人々もいます。
    今こそ、自衛隊への理解を深め、
    憲法改正について考えてみませんか?

TOPICS

自衛官 汗と涙と誇り
〜3.11東日本大震災〜
ショートver.

東日本大震災。
その時、自衛官たちは何を思い、
危険な任務に立ち向かったのか?

動画を見る
play トピックス

CONTENTS

さらに表示

閉じる

MESSAGE

地震・洪水・がけ崩れなどの災害が日本国内で発生すれば、自衛隊はお年寄りや被災者を安全な場所まで連れ出し、壊れた家や道路の回復に努めます。一方で、北朝鮮が日本に届くような距離のミサイルを撃ち続けており、船や軍用機で日本の領空・領海を脅かす外国もある中で、自衛隊はこれらの脅威から日本を守っています。このように、私たちの身の安全や暮らし、日本の領土や領海を守る上で、自衛隊を欠かすことはできません。

さらに表示

しかし、この国には、自衛隊の存在に疑問を抱いている人々もいます。一つの例として、憲法学者が挙げられます。数年前に行われた調査では、6割を超える憲法学者が、「自衛隊は憲法違反だ」あるいは「憲法違反の疑いがある」としています。また、政党の中にも「憲法違反」という意見を発する者もいます。
日本国憲法はこの国の最高法規であり、私たち国民が国の主権者である根拠もその中にあります。憲法はきっちり守る必要があり、憲法に違反する存在は認められません。ここで問題となるのが、憲法の中に自衛隊のことが明記されていないことです。憲法が施行された1947年には自衛隊は生まれていませんから、憲法上に明記されようがなかったのです。では、自衛隊は存在してはいけないのでしょうか? 今や、国民の皆さんの多くは「自衛隊は必要だ」、「自衛隊が来ると安心できる」、「自衛隊は信頼できる」という気持ちを持っています。
ですから、憲法の中で自衛隊の存在をはっきりとさせるべきなのです。明記されていないから、「自衛隊は憲法違反の存在ではないか?」という疑問が出てくるのです。
自衛隊の違憲論に終止符を打ちたい、そんな想いからこのサイトを立ち上げました。動画を見て、ブログを読んで、そして皆さん自身でこの問題について考えてみていただけませんか?

閉じる