ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

年頭所感 2018

新たな国創りへ、実行。 安倍晋三総裁 年頭所感
政治を前に進める 二階俊博幹事長 年頭所感

2017年 自民党 振り返り

衆議院議員総選挙 政策の実行に邁進する

急速に進む少子高齢化と緊迫する北朝鮮情勢を「国難」と位置付け、総選挙を通じて責任政党としての道筋を示した自民党に対し、多くの国民の皆さまから力強いご支持をいただきました。
少子高齢化に対応するため、最先端技術で生産性を押し上げる「生産性革命」や、全世代型の社会保障制度へと大きく転換させる「人づくり革命」を強力に推し進め 北朝鮮情勢に対しては、拉致・核・ミサイル問題の早期解決に向け、国際社会と連帯し一層圧力を強化していきます。
今後も、国民の皆さまとともに、ぶれることなく、まっすぐに政治を前に進め、しっかりと結果を出していきます。

地球儀を俯瞰する外交 信頼関係と外交力で日本を守る

安倍総理はこれまで「地球儀を俯瞰する外交」を積極的に展開し、世界各国の首脳との信頼関係を深めてきました。
首脳同士の信頼関係は日本の国益に直結します。北朝鮮による、弾道ミサイルの相次ぐ発射や核実験の強行など、度重なる挑発という国難に対し、
この信頼関係と外交力で日本を力強く守ります。

2017年安倍総理大臣の外国訪問実績

<2017年安倍総理大臣の外国訪問実績>

  • 1月
    フィリピン、オーストラリア、インドネシア、ベトナム
  • 5月
    イタリア、マルタ
  • 2月
    米国
  • 7月
    ベルギー、ドイツ、スウェーデン、フィンランド、デンマーク
  • 3月
    ドイツ、フランス、ベルギー、イタリア
  • 9月
    ロシア、インド、米国
  • 4月
    ロシア
  • 11月
    ベトナム、フィリピン

トランプ米国大統領初来日 日米同盟の必要性を再確認

11月5日から7日までの日程で、トランプ米大統領が大統領就任後初めて来日しました。
天皇皇后両陛下との会見、北朝鮮による拉致被害者のご家族と面会、そして安倍総理との首脳会談を行いました。会談では北朝鮮問題に対し、
今は対話でなく最大限の圧力をかける局面であると一致しました。
今後も北朝鮮の核・ミサイル、そして何よりも重要な拉致問題の早期解決に向けて、日米で緊密に連携してまいります。
また、日米の経済関係についても議論をし、2国間の貿易・投資の協議継続を確認しました。
更に、オーストラリアやインドなどと協力する「自由で開かれたインド太平洋戦略」推進でも合意。
トランプ大統領と共に2国間の貿易だけではなく、アジア太平洋地域に公正で実効性ある経済秩序を作り上げる努力を重ね、地域、世界の経済成長を力強くリードする決意です。

自然災害への対応 災害に強い街づくりの推進

本年も那須町で発生した雪崩事故や九州北部豪雨災害など、大変痛ましい災害が起こりました。
自然災害から国民生活を守るため、防災・減災に戦略的に取り組む国土強靭化を推進し、災害に強い街づくりを進めます。また、東日本大震災、熊本地震の復興についても引き続き加速していきます。

北朝鮮への対応 国際社会と連携し圧力強化

わが国を取り巻く安全保障環境は、戦後、最も厳しいと言っても過言ではありません。北朝鮮は昨年だけでも核実験と17発の弾道ミサイル発射を強行しました。
北朝鮮による度重なる挑発を受け、昨年自民党は、制裁措置の強化、弾道ミサイル防衛の強化、国民保護のあり方等に関する提言を取りまとめ、政府に申し入れを行いました。
今後も国際社会と連携の上、最大限まで圧力を高めて北朝鮮に政策変更を迫り、拉致被害者全員の即時帰国を実現するとともに、国民の命と平和な暮らしを断固守り抜きます。

自民党米作りプロジェクト 自民党、米作りにも真剣です

自民党は国会議員が一から米作りを体験する事を通じて、食に対する感謝や農業の大切さを発信するプロジェクトを2017年3月に発足しました。田起こし(4月)、種まき(5月)、田植え(6月)、稲刈り(11月)を経て12月には収穫した「自民米」を参加者に振る舞う「収穫祭」を開催しました。

(協力:JA西東京、JA東京中央会、JA全中、全国農業会議所)

LINEスタンプ 思ったより使える♪総裁スタンプを配信

2017年3月に開設した、コミュニケーションアプリ「LINE」の自民党公式アカウント。
10月には「友だち追加」していただいた方への総裁スタンプのプレゼントを行いました。
政党初となるこの試みは、メディア等でも大きく取り上げられ、友だち数は57万人を超えました!
これからも政治を楽しく身近に感じてもらえるような取り組みを続けていきます。

ページトップへ