ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

幹事長記者会見

役員会後 二階幹事長記者会見

平成30年6月11日(月)17:48~18:05
於:院内平河クラブ会見場

二階俊博幹事長

冒頭発言(小泉筆頭副幹事長)

今日の役員会の概要を発表いたします。
最初に安倍総裁から、新潟知事選では二階幹事長はじめ党役員の総力を結集して勝つことができた。心より感謝申し上げる。驕ることなく約束を実行に移し、政権与党としての責任を果たしていく。G7では、自由で公正なルールに基づく貿易システムを発展させていくべきという方向で取りまとめることができた。日米首脳会談では、明日の米朝首脳会談の前にトランプ大統領と、しっかりすり合わせをすることができたと考えている。明日の会談が、拉致・核・ミサイルの諸懸案を包括的に解決し、北東アジアの平和と安定に向けた大きな一歩を踏み出す歴史的な会談となることを期待しているとお話がありました。
高村副総裁からは日米首脳会談が、必ずや米朝首脳会談に良い結果をもたらすことを期待しているとお話がありました。
森山国対委員長からは明日12日の本会議で「海岸漂着物処理推進法」の採決を行うとの報告がありました。来週20日に会期末を迎える。タイトな日程になるが、「IR整備法」など残された法案の成立に向けて、参議院とよく連携しながら全力を尽くしていきたいというお話がありました。
橋本参議院議員会長からは新潟の分析を次の選挙に生かしたいというお話がありました。
塩谷選対委員長からは新潟県知事選の結果報告がありました。
松野政調会長代理からは今週は火木に政審を開催する。そして、近く「政調の在り方等に関する検討委員会」を立ち上げるという報告がありました。
竹下総務会長からは今週は、明日に総務会を開催するという報告がありました。

以上です。

冒頭発言(二階幹事長)

昨日の新潟県知事選挙におきまして、花角候補が勝利をすることができた。延べ148人の議員が現地に応援に入り、党を挙げて協力し戦い抜いた結果が勝利に結びついたと思っております。この勝利に驕ることなく新知事と共に、県民の期待に応える自民党であることが大切だと、お互いに誓い合った次第であります。国会も会期末が迫っている。謙虚に慎重に終盤を進めて行きたい。
なお、残念なことでありますが、去る6月8日(金)、谷川和穂(たにかわ かずお)元衆議院議員がご逝去されました。当選12回、在職37年4ケ月で、法務大臣、防衛庁長官等を歴任されました。通夜・密葬は近親者のみで執り行われることになっている。議員在職年数から、党葬に該当し、ご遺族の意向を確認中であります。

以上です。

質疑応答

Question
NHKです。昨晩も新潟知事選挙を終えてのお考えをお伺いしましたが、改めてこの選挙を勝利で終えて、今後の党の運営についてどう取り組んでいくか。
Answer
今回の選挙は先ほども申し上げたと思いますが、148名の国会議員が現地へ入って応援に協力をしてくれました。私どもは名前を呼んで片っ端から現地に入るように促したわけでは無くて、当人がみんなでこの選挙に勝つために現地に入って少しずつでも協力しようということで選挙に参画してくれたことが勝利に繋がったとすれば、私は今後の選挙においてもこれは重要なポイントだというふうに思っておりますから、今後も参考にしていきたいと思っております。
Question
NHKです。関連して、その上でこの終盤国会の運営にとってこの選挙戦での勝利というものはどのような影響を国会運営等に与えるか。
Answer
今後の国会運営等におきましても、昨日の勝利が良い影響を及ぼすであろうということはわれわれの期待でありますが、結果はそうなるだろうと思います。
Question
産経新聞です。今回の新潟知事選なんですけれども、野党側は森友・加計問題等で政権批判を繰り返しながらも、与党候補が勝利を収めるという結果になりました。改めて9月の総裁選に向けてどういう影響が今回の勝利によってもたらされるか。
Answer
総裁選挙は総裁選挙であって、昨日の結果が総裁選挙にすぐに影響すると、そんな飛躍的な考えを持っているものではありませんが、選挙に勝ったことは総裁選挙にもプラスになっていくには違いありません。選挙に負けておれば、総裁選挙の前に邪魔っ気ですよ、勝敗はね。そういう意味では良かったと思います。そういう話をしていますと、それは誰に良かったんだとこう言うんだけれども、誰に良かったかって自民党全体に良かったわけですよ。
Question
時事通信です。野党側は安倍政権の一連の森友・加計問題を通じて政権の姿勢をこの選挙の中で批判してきたわけです。今回示された与党支持の候補の勝利によって、森友・加計問題に対して有権者からどのような判断が下されたというお考えですか。
Answer
やはりそれぞれ知事選挙となりますと、地域において重大な選挙なんですよ。森友さんも加計さんも大事なことには違いありませんけれども、地域住民のみなさんの政治に対する気持ちとして、そんなことはそっちでやってくれと。われわれのところは自分のところの立派な知事を選ぶんだと、そういう気持ちに徹しておられるわけでございますから。われわれ自民党はその地元の気持ちに寄り添って選挙戦を展開してきたと、こういうことです。
Question
朝日新聞です。7月の第3月曜の祝日である海の日についてお伺いしたいんですけれども、超党派の議員連盟の海事振興連盟が海の日を毎年7月20日に固定すべきだと主張していて、それに対して観光業界や旅行業界からは3連休が崩れるため観光振興にも影響が出るとの反発が出ています。現段階で幹事長としては、固定化することの是非についてはどのようにお考えでしょうか。
Answer
私は観光関係のみなさんと多少の関係はありますから、あまりこのことに対しては発言しないようにしておるわけですが、慎重にやってもらったら良いと思っております。
Question
朝日新聞です。現時点では、賛成とも反対とも幹事長としては明言しない方向ですか。
Answer
まぁああいう祝日の3連休というのを作ったのは私ですから。ですから、その責任と発言の気持ちには変わりはありませんが、こういうことで党を2つに割って賛成だ反対だというようなテーマではありませんから。慎重に見守っておるところでございます。
Question
産経新聞です。この度の新潟知事選挙の構図というのは、野党が統一して支持をする候補という構図でした。これは来年の参院選にもこういう構図が出て来る選挙区はあろうかと思います。そういった意味では今回の選挙が夏の参院選に与える影響についてお伺いします。
Answer
今後の選挙にも与える影響は、悪い影響を与えるということは当然ありえないわけですし、ですがそうだからといって今度の選挙に勝ったからこの次もいいんじゃないかというのは、私は間違いだと思います。やはり選挙はその地域地域の問題があるわけですから、一戦一戦勝ち抜いていかなければならない。そういう意味で、昨日の選挙に勝たせていただいたからといって、今後の地方の知事選挙にも良い影響を、まぁ悪い影響にはならんですけど、その良い影響がずっと繋がると思ったら大間違いで、慎重にやるべきだと思っております。
Question
NHKです。明日、米朝首脳会談を迎える。総理も役員会の中でも、核・ミサイルについての期待を述べていたと思います。幹事長として改めて初めての米朝の首脳会談にどういうことを期待したいか。
Answer
米朝の首脳会談というのはずっと盛り上げてここまで来たわけですから。われわれは一定の成果を得られるものと期待をしておりますが、結果を待ちたいと思います。
Question
日本テレビです。安倍総理大臣も米朝首脳会談に前向きな姿勢を示されておりますけれども、明日の米朝首脳会談が終わった後に日本としてどのような対応を取っていくべきかをお聞かせください。
Answer
日本は日本として、首脳会談がどういう結果になるかを慎重に見守りながら、日本の期待を表明しながら、取り組んでいくべきだというふうに思っております。
Question
日本テレビです。日朝首脳会談の必要性についてどのようにお考えでしょうか。
Answer
日朝会談であれ何会談であれ、しょっちゅうこの外国との間の首脳会談等は間髪を入れずに必要と思う時にどんどん進めていくということが大事であります。ですから今回のことは当然のことと思って、結果を見守っていきたいと思っております。
Question
産経新聞です。小泉筆頭副幹事長に伺いたいんですが、新潟県知事選について小泉筆頭にも現地入りの要請があったと思うんですが、結果として現地入りが実現しなかったことについて、改めて理由についてお伺いできますか。
Answer
(小泉筆頭副幹事長)これは幹事長記者会見ですから。
Answer
それからね、一人一人のご都合等を聞いてどうだというものでは無くて、都合のついた人は現地に入る。これは当然のことです。148人入ったんです。これ以上は自民党本部が空っぽになっちゃう。十分です。
Question
テレビ東京です。この週末に新幹線の中で殺傷事件が起こったんですが、新幹線の警備体制であるとか保安体制を強化するべきではないかという意見も出始めています。運輸関係にも造詣の深い幹事長としてはどう感じていらっしゃいますか。
Answer
警備を厳重にして再びああいう痛ましい事件を起こさせないためにどう対応をするか、政府が取り組むことは当然のことでありますが。党としてもしっかりそれをバックアップしていきたいと思います。これからどうすればいいかということに関しては、十分に専門家と話し合いをしたいと思っております。
Question
新潟日報です。県知事選について、新潟県内を見ますと2年前の参院選と前回の知事選は自民党系の候補が負けておりまして、去年の衆院選も小選挙区では自民党の方が負け越しております。そういった中で今回連敗に歯止めが掛かった形になります。こちらについての受け止め。そして来年の参院選も新潟選挙区は苦戦が予想されますが、この辺りをどう見ていらっしゃいますか。
Answer
われわれは今度の選挙は必ず勝つということで当初からずっと取り組んでおりましたから。予定通りの勝利と思っております。
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ