ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

幹事長記者会見

役員連絡会後 二階俊博幹事長記者会見

平成28年11月18日(金)10:33~10:45
於:於:院内平河クラブ会見場

冒頭発言

二階俊博幹事長

本日の役員連絡会ですが、 高村副総裁からのご挨拶は、TPPをトランプ氏が賛成してくれるか分からないが、保護主義が蔓延しないように努力しなければならない。年金改革法案は次世代の将来年金確保法案だ。したがってそこを念頭に置いてPRしようということでした。
私(二階幹事長)からは、残念ながら訃報でありますが、一昨日、奥野誠亮元衆議院議員が逝去された。当選13回、在職40年3ケ月で、文部大臣、法務大臣、国土庁長官などを歴任された。通夜・密葬は近親者のみにて執り行われ、後日「お別れの会」を予定している。党所属国会議員としての勤続年数により党葬に該当し、現在、ご遺族のご意向を確認している。詳細については決まり次第、ご報告するということを申しました。
松山参議院国対委員長からは、TPP関連法案の審議状況の説明、民進党からQT(党首討論)とAPECの総理報告を求められているというご報告がありました。
橋本参議院議員会長からは、新潟県選出国会議員に昨日集まっていただいて、知事選の反省と今後の取り組みについて話し合ったということでした。
竹下国対委員長からは、参議院では順調にいっており感謝している。年金改革法案は将来年金に必要な法案であるということをよく説明していただきたいということでした。
茂木政務調査会長からは、税調の平場が始まる。平成29年度予算編成について来週から議論を始めるというご発言がありました。

以上です。

質疑応答

Question
NHKの田尻です。総理がトランプ次期大統領と会談されましたが、どのように受け止められていますか。
Answer
私もこの時期総理が思い切って訪米されて、しかも世界の指導者のなかで、電話をした人はたくさんいるでしょうが、直接アメリカに乗り込んだというのは安倍総理をおいて今のところはいないわけですから、総理の積極果敢な外交姿勢をいつものことながら後押ししたいと思います。このスタートで日米関係がさらに充実した、さらに円熟味のある日米関係を国民の皆さんにもご理解いただけるように、自民党はこれから全国津々浦々において総理のご意向を党員の皆様にお伝えすることができるように党としては努力しなければいけないと思っております。
Question
NHKの田尻です。TPP関連法案の審議が進んでいるなかで、この会談をどのように捉えていますか。
Answer
国会の審議と会談を連動させるということは大変難しい技ですが、一応日本は日本としてアメリカがどう言おうともTPPの関係を方針通りしっかり貫いていくという方針だけは明らかにしておりますから、トランプ氏もいよいよ次期大統領に就任される候補であるという肩書から本当の大統領になる、そこから日米の会談が始まると思いますが、今回の地ならしで成功していると思いますから、できるだけ早い機会に日米首脳会談が行われるようにすることが日本政府としても、また私ども自民党としても当面の課題はそこにあると思っています。党もまた適当な人材を選別して、アメリカにも直接出向いていろいろな交流や情報収集等をしっかり行っていきたいと思っております。
Question
共同通信の池田です。年金改革法案について野党側は反対していますが、今国会成立に向けてどのように進めるお考えですか。
Answer
粘り強く忍耐強くしっかり取り組んで、必ず多くの国民の皆さんのご理解をいただくことができるように、しかも次世代の将来年金の確保を図る、それを意図する法案でありますから、そういう法案だという理解をしっかり得られるようにしたいと思っています。できるだけ皆賛成してくれるのがいいのですが、どうしても叶わない場合は民主主義の原理にしたがって我々はやります。何とか採決というようなことは絶対やりません。
Question
TBSの室井です。昨日の農林関係の合同部会で、JA改革に関する提言について45人の国会議員が反対するなど紛糾しましたが、これをどのようにご覧になっていますか。
Answer
まだ部会長からも誰からも報告を受けておりませんから、判断する材料を今、持ち合わせておりません。
Question
TBSの室井です。幹事長は農協改革、農業改革の重要性についてどのようにお考えですか。
Answer
農協改革、農業改革は日々、行っていかなくてはならないことで、そのこと自体は論を俟たないと思います。しかし今から我々は国民の皆さん、そして農民の皆さん、そして農協の関係者、党の間で円満な理解の下に改革その他を遂行していかなければいけないと思います。そのなかで必ずいい結論が出るように話してもらいたいと思います。まだ私のところに上がってきておりません。
Question
山陰中央新報です。 先日、石破鳥取県連会長らから川上義博氏の復党への反対の申し入れがありましたが、現時点で幹事長のお考えをお聞かせ下さい。
Answer
あの時に「承っておきます」とお答えしてあります。そのとおりです。
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ