ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

幹事長記者会見

役員会・役員連絡会後 細田博之幹事長代行記者会見

平成28年7月26日(火)11:00~11:13
於:党本部平河クラブ会見場

冒頭発言

細田博之幹事長代行

本日の役員会・役員連絡会について申し上げます。
役員会について、まず安倍総裁から、今朝ほど起こりました相模原市の障がい者施設での殺傷事件について言及がありまして、多数の方がお亡くなりになり、また多数の方が重軽傷を負われたということで、心からご冥福とお見舞いを述べられました。これから真相解明等、究明をしていかねばならない、政府としても全力を挙げていきたいということを言われました。2点目が、経済対策ですが、大詰めを迎えているということで、特に未来への投資を大胆に行わないといけない、力強い経済対策を政府と党が連携してまとめていきたいと思いますので、宜しくお願いしたい、ということがありました。それから、今日から先の参議院選挙で当選した参議院議員の任期がスタートしたわけでございます。そして自由民主党は27年ぶりに単独過半数になったということを、言われたわけでございます。そして与党として、連携してしっかりと対応したいということを言われました。

私からは、役員会と役員連絡会と共通ですが、申し上げたことは、谷垣幹事長についてでございます。次のように申しました。谷垣幹事長は、去る7月16日に、自転車運転中に転倒し、頸髄を損傷し手術を受けました。その後テレビで相撲を観戦するなど意識ははっきりしており、合併症はなく経過は順調であります。現段階では、今後についての正確な見通は申し上げることはできません。一日も早いご回復を心からお祈り申し上げたい。以上、谷垣幹事長の状況についてでございます。
私から、今日から参議院の任期がスタートする、改めて気を引き締めて政府与党協力しながらあらゆる政策課題の解決に向けて全力で取り組んでいきたい。なお23日付で平野達男参議院議員が入党をしたという報告をしました。そして都知事選ですが、残り5日間となった、各マスコミの調査では追う展開となっている、勝利をめざし最後まで全力を尽くしていきたい、と申しました。もう一つは報告ですが、先般党で実施いたしておりました熊本地震の被災者支援の募金を終了しました。党の各位から善意を頂いて、募金総額は3000万円を超えました。お預かりした募金は28日に山口泰明組織運動本部長から日本赤十字社を通じ、被災された方々にお届けするということで、お渡しすることになっております。

国会報告は、予定ですが、8月1日に衆参共に開会されまして、特に参議院では議長の選出、選挙情勢を反映した委員長人事があるわけであります。わが党は参議院議員会長人事等があるわけでして、29日に参議院議員総会を開いて正式に会長を選出し、役員の選任に入るという予定でございます。
以上です。

質疑応答

question
時事通信の越後です。谷垣幹事長の容体について確認ですが、損傷した部位は頸髄ということでよろしいでしょうか。
answer
そうです。インターネットなどで定義を調べて頂くとわかりますが、頸椎というのは8本ある首の骨ですが、それの損傷ではなく、頸髄という部分の損傷だそうでございます。詳しいところは医学的には私はわかりませんので、最近では何でも調べられる時代ですので、調べてください。そのことの意味もまだ分かりません。それからお医者さんもこれからの判断は、まだつきかねるということでございます。ただ多くの方は損傷して手術して100%治るという方も多い。
question
時事通信の越後です。外側ではなく内側だけという理解でしょうか。
answer
それに近いかもしれませんね。ただ、医学的に権威ではないので、それは皆さんどなたかに聞いていただきたいと思います。
question
TBSの加納です。谷垣幹事長から、役員会の場に何かメッセージなど、細田代行が紹介されたことがありましたでしょうか。
answer
それはございません。そしてむしろ今の私の申し上げた発表について、ご本人ともすり合わせて、お医者さんのご意見も入って、それでは現段階ではこういうことであると打ち合わせてあるわけであります。
question
TBSの加納です。この件に関して安倍総理から何かご発言はあったのでしょうか。
answer
先ほど安倍総理にもこの件に関してはご報告申し上げました。役員会にももちろん出ておられましたので、それ以上のことは申し上げておりません。
question
日本経済新聞の田島です。復帰のめどは立っていないということですが、幹事長職を続けられるのか、何かご本人からお話を伺っているのでしょうか。
answer
一切ございませんし、総理からも一切ございません。むしろみんなで一日も早い回復をお祈りしなければならない。そして、まだ医学的にも正確な見通し、どのように回復されるのかということは個人差もありますし、それは見守っていきたい。非常に早く問題なしとなる可能性があると思っております。
question
日本経済新聞の田島です。早く問題なしとなる可能性があるということは、続投もあるということでしょうか。
answer
そのことは議論もしておりませんし、ただ、元気になって出てこられてなんか問題があるかといえば問題ないわけで、そういうことは全体の党役員人事の話でありますので、党役員人事の話はそこまでは承知しておりません。
question
時事通信の越後です。復帰のめどは立っていないということですが、8月1日の臨時国会までには戻ってこられるのでしょうか。
answer
それもわかりません。現段階では、今後についての正確な見通しを申し上げることはできない、そういう状況であります。
question
日本テレビの加藤です。すり合わせをしたうえで発表したとのことですが、直接お会いになられたのか、電話等でされたのか。
answer
ご本人の弟さんの秘書さんがついておりますので、その方と電話連絡をして、間接的ですけど、そういうことを伝えて、こういう発表でどうかという調整をした。本人もそれを見て、またお医者さんもふくめて、そういうことで結構ですという意思の確認をしています。直接は話をしておりません。
question
東京新聞の木谷です。テレビで相撲観戦するなど意識ははっきりしており合併症もないという説明でしたが、杖などを使って歩行は可能な状況なのでしょうか。
answer
わかりません。どういう状況であるかは承知しておりません。
question
NHKの田村です。相模原市の事件ですが、どのように受け止めたでしょうか。
answer
まだ報道に接しただけでどのような原因があったのか、どういう精神状態なのか含めてよくわかりませんので、これだけ大量の殺傷事件はめったにないことので、まさに痛ましいと思っておりますし、真相究明を急ぐべきであると思います。それは先ほど総裁が言われたことと同じでありまして、心よりご冥福をお祈り申し上げたいと思います。

 

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ