ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

国会

経済再生と財政健全化の両立 平成28年度予算を閣議決定

平成27年12月25日

「補正予算とともに、この予算を一日も早く成立させて、景気回復の実感、そして、『一億総活躍社会』に向けた新たな希望を、全国の皆様にお届けしたい(安倍総理)」。
安倍内閣は24日、過去最大となる96兆7千億円(一般会計歳出総額)の平成28年度予算を閣議決定しました。
予算の主なポイントは、一億総活躍社会の実現に向けた「希望出生率1.8」「介護離職ゼロ」に直結する、"子育て支援"や"介護サービスなどの充実"を図るほか、教育費の負担軽減などを進める一方で、社会保障費の伸びを4千4百億円程度に抑制し、財政健全化への道筋を確かなものにしたことです。また、充実した外交、防衛予算を組むことで、「地球儀を俯瞰する外交」を推進するとともに、日本の防衛力を着実に整備します。
自民党は、日本の経済再生を確実なものにするため、年明け1月4日からスタートする通常国会において、平成27年度補正予算とともに、平成28年度予算の早期成立を目指します。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ