ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

国会

26年度補正予算が成立 消費刺激し地方を活性化

平成27年2月3日

財務演説に対する代表質問

地方への好循環拡大に向けた緊急経済対策を盛り込んだ平成26年度補正予算(一般会計総額3兆1180億円)が2月3日の参院本会議で、わが党などの賛成多数で可決、成立しました。この対策は消費の刺激や地方の活性化に重点を置いた内容で、自治体が地域事情に応じて柔軟に使える総額4200億円の交付金(地域住民生活等緊急支援交付金)を盛り込んでいます。同交付金は、地域商品券の発行の助成や少子化対策への支援、起業対策などに充てられます。歳入では、新規の国債発行は行わず、昨年度の剰余金や今年度の税収増加分を活用します。

 

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ