ニュースのカテゴリを選択する

お知らせ両院議員総会党大会運動方針

「党の底力を発揮し難局を乗り越えていく」
新型コロナ対策で安倍総裁が決意表明

「党の底力を発揮し難局を乗り越えていく」新型コロナ対策で安倍総裁が決意表明

MOVIE

わが党は3月17日夕方、党大会に代わる両院議員総会を開きました。
これは新型コロナウイルスの感染拡大を受け、同8日に予定されていた党大会が延期されたことに伴うものです。会場となった党本部8階ホールでは、マスクの配布と消毒スプレーが配置され、感染予防に十分努める中で議事が進められました。
総会では、二階俊博幹事長が党務報告(党情報告、政策活動、予算・決算、党紀委員人事)を行ったあと、今年の党運動方針案を説明し、万雷の拍手でもってこれらを決定しました。
このうち、「みんなが輝く令和の国づくり」と題した今年の運動方針は、(1)前文(2)憲法改正(3)重点政策(4)党活動――で構成されており、憲法改正については「国民的議論を前進させるため、党を挙げて活動を展開していく」として、憲法審査会における議論と並行し、国民世論の醸成に向けた取り組みを加速させることなどを掲げました。
党務報告と党運動方針は後日党大会であらためて報告され、承認を求めることとなっています。
総会の締めくくりであいさつした安倍晋三総裁は、新型コロナウイルスの感染拡大防止と医療提供の整備、経済政策に政府・与党一体で取り組んでいると強調。「事態の変化を見極めながら、必要かつ十分な経済財政政策を間髪入れずに講じていかなければならない。前例に捉われることなく経済政策を大胆に練り上げていこうではないか」と力強く決意表明しました。そして最後に、「わが党の底力を発揮して、難局を皆さんとともに乗り越えていきたい」と述べ、引き続き挙党態勢で臨んでいく姿勢を鮮明にしました。

「党の底力を発揮し難局を乗り越えていく」新型コロナ対策で安倍総裁が決意表明
PDF

党情報告

PDF形式(763KB)

PDF

令和2年党運動方針

PDF形式(522KB)