ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

党声明・談話

憲法記念日にあたって(党声明)

2014年05月03日

自由民主党

本日、憲法記念日を迎えました。
現行憲法の下で、国民主権、平和主義、基本的人権が普遍的価値として定着する一方、国際情勢の変化と新たな課題に対応できる憲法改正が求められています。憲法を一言足りとも変えさせないという形式的護憲の考えは、国民に受け入れられないものとなっています。
我々自由民主党は、立党以来一貫して自主憲法の制定を党是としてまいりました。自国の憲法について議論することは、進歩を目指す保守政党として当然の責務です。昨年の参議院選挙においても、わが党の主張を真摯に訴えてまいりました。現在、全国各地で憲法改正地方研修会を行っています。多くの国民の皆様に、わが党の「日本国憲法改正草案」について理解を深めていただきながら、憲法改正の議論を進めてまいります。
現在、衆議院で、与野党7党が提出した「日本国憲法の改正手続に関する法律の一部を改正する法律案」が審議されています。この法案が成立すれば、いよいよ憲法改正が現実的なものとなります。いまや「改憲か護憲か」という議論ではなく、どのように改正するかという段階に入りました。緊迫する国際情勢等を鑑み、一昨年発表した、わが党の「日本国憲法改正草案」でも示されているように、国民主権、平和主義、基本的人権の3つの基本原理を継承しつつ、国民の生命、財産を守るための憲法改正、法整備を進めてまいります。
引き続き国民の皆様のご理解をお願い申し上げます。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ