ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

党内活動

風しんから子どもを守ろう!
都内で「風しん予防啓発街頭演説会」を開催

2018年12月4日

風しんから子どもを守ろう!都内で「風しん予防啓発街頭演説会」を開催

12月3日、4日の両日にわたり、遊説局では青年局・女性局・厚生労働関係議員と連携し、患者数が増加している「風しん」の予防と撲滅に向け、抗体検査や予防注射を推奨するための街頭演説会を開催しました。

「風しん」は感染すると、発熱、発疹などの風邪によく似た症状が認められ、多くの場合は数日で治りますが、心配なのは妊娠早期の妊婦の方が「風しん」にかかると、出生児が先天性風しん症候群(眼や耳、心臓に障がいが出ること)になる可能性があるため注意が必要です。

3日は新宿駅南口「バスタ新宿前」で開催。牧島かれん遊説局長は「都市圏を中心に患者さんが急増する中、社会全体で動かなければならない」と感染予防の必要性を訴え、石崎徹厚生労働部会長代理は「厚生労働部会として、経団連に対しても、加盟企業の従業員に風しんの抗体検査や予防接種を行うよう要請した」と活動を紹介しました。

4日には池袋「東口五差路交差点」で開催し、和田義明遊説局長代理は「30代 から50代の働き盛りの男性が、風しんの抗体保有率が低く感染リスクが高い」と強調。また、佐々木紀青年局長は「われわれ青年世代が風しんに関心を持たなければならない。多くの方に抗体検査とワクチン接種をお願いしたい」と訴え、尾身朝子女性局次長は「子どもたちが健やかに育つためには、妊婦のまわりにいらっしゃる皆さんのご協力が必要」と述べました。

○参加議員
3日・新宿
牧島かれん 遊説局長
石崎  徹 厚生労働部会長代理
中山 展宏 内閣第二部会副部会長
三ツ林裕巳 厚生労働副部会長
大隈 和英 厚生労働副部会長
安藤 高夫 厚生関係団体委員会副委員長

4日・池袋
和田 義明 遊説局長代理
佐々木 紀 青年局長
朝日健太郎 青年局長代理
田畑 裕明 厚生労働部会長代理
鈴木 隼人 青年局次長
尾身 朝子 女性局次長
加藤 鮎子 青年局次長・女性局次長
国光あやの 青年局次長・女性局次長

風しんから子どもを守ろう!都内で「風しん予防啓発街頭演説会」を開催
風しんから子どもを守ろう!都内で「風しん予防啓発街頭演説会」を開催
風しんから子どもを守ろう!都内で「風しん予防啓発街頭演説会」を開催
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ