ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

党内活動

衆院東京10区補選
安倍総裁が応援演説 わかさ候補への支援訴え
汗水流して働く人が報われる社会の実現を

平成28年10月17日

衆院東京10区補選安倍総裁が応援演説 わかさ候補への支援訴え汗水流して働く人が報われる社会の実現を

衆院東京10区補選は10月23日の投開票日に向け、各陣営による激戦が展開されています。
わが党が公認するわかさ勝(まさる)候補(59)は法律実務家として約35年にわたり、「公正でクリーンな社会」の実現を目指して活動し、また、「ぶれず、ひるまず、正論を言う」をモットーに、衆院議員として「国民目線の政治」の実現を必死に訴えてきました。
選挙戦を通じて、わかさ候補は、「汗水流して働く人が報われる社会をつくりたい」と強調し、連日、街頭演説会などで懸命に支持を訴えながら選挙区内を駆け回っています。
10月16日に東京・池袋で開催された街頭演説会には安倍晋三総裁が応援に駆け付けました。その中で、安倍総裁は「2020年の東京五輪・パラリンピックを成功させるためにも、また、首都東京が日本をリードし、世界の真ん中で輝く国際都市になっていくためにも、国と都が協力していくのは当然だ」と力強く述べた上で、「その協力の象徴がわかさ候補だ」「世界一の街・東京をつくるためにもわかさ候補の力が必要だ」と多くの聴衆を前にわかさ候補へのさらなる支援を訴えました。

衆院東京10区補選安倍総裁が応援演説 わかさ候補への支援訴え汗水流して働く人が報われる社会の実現を
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ