ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

党内活動

参院選スタート
安倍総裁が福島で第一声「もう一度世界一を目指そう」

平成25年7月4日

第23回参議院議員通常選挙が7月4日公示されました。投開票日は21日です。
今回の選挙でわが党に課せられた使命は衆参のねじれを解消して、「決められる政治」を取り戻すことです。わが党は選挙区で公認49人、推薦1人、比例区では29人を擁立。党員・党友一丸となって、必勝に向け17日間の選挙戦を戦い抜く決意です。
昨年12月の総選挙に引き続き、安倍総裁は福島市から全国遊説をスタートさせました。演説の冒頭で、安倍総裁は「被災地ではいまだに多くの方が仮設住宅での困難な生活を強いられており、福島では原発事故からの復興が進んでいない。風評被害も払拭しなければならない」と述べ、山積する諸課題の中で、まず第一に東日本大震災からの復興に全力を尽くす決意を述べました。
続いて「大胆で次元の違う経済政策『三本の矢』によって、日本を覆っていた暗く重い空気は一変した」と半年間の安倍政権の実績を強調。「必ず日本経済の成長を約束する。もう一度頑張って世界一を目指し、世界の真ん中で活躍する日本をつくっていこう」と訴えました。このほか、女性活力の向上や強い農業、教育再生、外交・安全保障問題などに全力を尽くしていく決意を示しました。会場には多くの聴衆が詰めかけ、安倍総裁の力強い訴えに大きな声援と拍手が送られました。

参院選スタート 安倍総裁が福島で第一声「もう一度世界一を目指そう」
参院選スタート 安倍総裁が福島で第一声「もう一度世界一を目指そう」

参院選スタート 安倍総裁が福島で第一声「もう一度世界一を目指そう」

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ