ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

党内活動

谷垣総裁「自民党は天下国家のため心ひとつに」 党役員会

平成24年8月28日

「もはや内政・外交と国政をコントロールできない状態だ」。

谷垣禎一総裁は28日の党役員会で、野田民主党政権が全野党の理解が得られないまま特例公債法案や衆院選挙制度改革法案の強行採決を行ったことに対して、厳しく批判しました。

さらに谷垣総裁は「民主党の動きは、自暴的な行動をとっているとしか思えない。自民党は、心ひとつにして、天下・国家のために頑張る」と、出席した党役員に力強く語りかけました。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ