ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

党内活動

大島副総裁「民主党の熱意はゼロ」
社会保障と税の一体改革の特別委がスタート

2012年5月22日

22日に行われた党役員会で、大島理森副総裁は、昨日から行われている社会保障と税の一体改革特別委員会における野田総理と民主党議員の印象について、「政治生命をかけると言ったわりには野田総理の答弁からは、胆力も勇気も感じられなかった」との感想を述べました。

また、昨日質問にたった伊吹元幹事長の発言に触れ、「解散したらここにいる民主党議員は、誰も帰って来られないと皮肉を言われても、やじのひとつも返ってこない。民主党からは社会保障と税の一体改革をやりぬくという熱意がまったく感じられなかった。本当にやる気があるのか疑問だ」と、消費増税の議論を先延ばしすればするほど、自らの任期の延命になると考えているかのような民主党議員の姿勢に苦言を呈しました。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ